・注目のエントリー
🔮 宇宙論、物理科学、学問年表
📜 人類史年表→ 有史からの科学の発展
🎓 学問の解釈。
ℹ️ ギターと対話を深めたい時のまとめ
🎸 ギター関連用語まとめ 104項目
❇️ RapidWeaver関連

                   

 http://pocket.ebo-shi.com/physics/
・・Welcome・・   Pocket Physics !   ポケット フィジックス

エフェクターの連結と音痩せの本質など (小難しい話しです。)


直列の繋ぎ過ぎは音痩せが酷くなり、並列やスイッチャーで分けるのが通例だけど、二者択一で並列的なら全く心配無い訳では当然ない。
AC/DCアダプタやパワーサプライの関係のほか、両者に不変的な共通要因が有る。

好みな音色効果を組む時、たまに「エフェクタは後程強くかかる」と聞く事があるけど、これは大雑把には正しくても、厳密には違う。
これを文字通り捉えると、例えば前段にボリューム、ブースターやEQを置き、後段に空関係を繋ぐと→ ボリュームやブースターの効果が弱くかかり、空関係が強くかかる事になってしまう。
不変的には「ペダル直前のシールドのアナログ情報に対し(時にはデジタル化してから)効果を適用する」←だよ。
その状態、関係を幾らか変更出来るスイッチャーの、機構の解説は普通に色々あるだろうからココではしないでおく。
デジタルのマルチ直後のシールドにも、アナログの電気的な波情報が流れ、その波が拡散し熱や音痩せに。一方デジタルは0/1の電気的オン、オフ情報で、このままシールドを流れる事は規格上ない。

音痩せでは他に、エフェクトを複数団連ねて正しく適応の結果 → 原音が埋もれる (これは配線が無くても、超伝導だろうと起きる要素)。デジタル化時の欠損 等様々だけど、今回の話しでこれらは含めません。多角的に観れたらと、ギターの一般的でない視点も一部に交えました⬇️
「音痩せってどうなの?」的な質問の、余所での大半での解説が「色々だよ」で終わって、根本の説明が無い所ばかりな気がしたので、ここではそこを中心に書いて置きたいと思うよ。

まず、絶対的に音痩せの無い方法はあるの?→現象上存在するが音楽での導入を目撃した事は無い。それは超伝導といって、電力拡散的な音痩せ無く伝わるが、エネルギーや技術コストが見合わない為、誰もやってない。常温超伝導を発見すれば一般化の可能性も有るが、生きてる間はないだろうし、他に現実的なのはないの?
音色情報をデジタルのまま扱えば、0/1情報の欠損が無い限り音痩せは無いが、デジタル化時とシールドに戻す時(AD/DA変換) に欠損を幾らか含むが、技術の進展で無視出来る方向にはある。

エフェクター構成図

✪一方↑この時の私のペダル構成は、パッチケーブルが必要最小限になっている。
画像上段のペダル類は1度、全て連結プラグで繋ぎ出力される音色を確認後→ EQとマルチの間だけ安(低品質)パッチケーブルへ変更。
連結プラグが基本なのは短い導線と、最も単純な連結構造で、断線(致命的音痩せ)の可能性も少ないから。

けど極端に気にし過ぎずとも原理上だけでは、導線が若干伸びるだけで増えるエントロピー(電荷)の拡散も、極わずかで音痩せも気付かない程微量なはず、
しかし実際は、全て連結プラグで構成してから→1つをあるパッチケーブルに変えるだけで、(私の感覚比で)ガーゼ2枚程通した様にディテールが明確に浅くなった。ならば現実的に良い方を基本に使うと。

しかし原理上だけで考えると違和感があり、何か別要因が有るはずと↓
安パッチケーブルを、倍以上長い安パッチケーブルに変えてみても音色に明らかな差は出なかった。
超伝導まで言わずも、最近の金属加工は安くとも一定以上の品質なはず…。

現実的には抵抗に無関心なコーティングや、その上に直でハンダ付け等の品質。導線と持ち手の金属が陸続き(電流の拡散、導線の腐食へ。)将来の断線の危険性と手直しへの配慮。断線軽減バネが導線と接触(←安シールドは絶縁体の長さが雑。)等々、安ケーブルは抵抗や伝導性に無関心で、低コスト主義の極端性からの不確定な要因達が加わると。

ちなみに、そんな固有の低品質パッチケーブル1つを繋ぐ場所 (上図柄の各ペダル間の連結箇所、🔵Ⓘ〜Ⓥの何処か) 次第で音痩せが、意外すぎる事に、明らかに「明確な差」として出る時と、気のせいじゃね?的な「微量な差」しか出ない時とが有り、なぜだか使う場所次第で明確な差が出ちゃいます。
不変的に明確な「絶対条件」は、全てを試せないので不明だが、私所有の環境で試した限り、ドライブ系やマルチの"手前"に低品質パッチケーブル1本繋いだ時には、何度も聞き直す必要もなく「明らかな差」として表れます。しかしドライブ系から空関係への間で繋ぐと気付けない程「微量な差」しか出ません。
解釈としては、10音痩せした音に対してDriveさせるか、Driveさせ終わった後で10音痩せさせるかの違いが、音痩せする範囲は同じでも、人の視聴域の範囲で「明確」か「微量」かの違いとして出ている様にみえました。
マルチは空関係としてだけで使っても明確な差が出たので、AD(デジタル)変換の特性が絡んでいる可能性も有りますが、正確にはどうでしょう?
確実な事は、どうしても一部に低品質ケーブルを使わなきゃいけない時は、繋げるポイント次第で、視聴して分かる結果として振れ幅のある結果が出るという事。

連結プラグ、Z型コネクタ
↑連結プラグ、Z型コネクタ(オレンジの四角は同じ横幅で、連結しきった時の幅の差を分かり易くする為に置いています。)

他に有り得る音痩せ要因は、プラグを脂汗な手で触り放置で劣化。 ボディをオイルで拭いた布巾でプラグを拭き、電気抵抗が増す。
ジャック内に息を吹きかけ唾液の塩分等が、ノイズや音痩せへのアナログ情報として作用。(←友人がやってた)
別ではシールドのコイル化(ピックアップ的構造)で電力が磁力として奪われる音痩せの軽減マナーもあるが、
単に'若干'伸びただけで、聞いて分かる程の明確な差は原理上だけでは出ないはずだが、実際にはハンダ付けの品質の影響等も加わる。
逆に長いシールドな程、品質や素材を気にした方が良いとも言えるが。

↑安ケーブル1本のみで起きる明らかな音痩せの実像を示した。
以前、評判の高めなエフェクターを1つ追加しただけで明確に音痩せて「微妙じゃね?」と思った事があったけど、これが原因だったんですね。
ならば高品質スイッチャーや何処でこれ使っても同じ結果と。

✪では高品質パッチケーブルを見付ければ良いが、数度購入を繰り返せば一定品質以上のが見付かるだろうけど、 これは導線自体の抵抗度やシールド構造も絡んで、連結プラグに迫るものや、最も良いケーブルを見付ける旅路の総額コストが恐ろしく、出来るだけ手を出さない方向でいる。(←自作すれば?っていう)
一方連結プラグは、超伝導より圧倒的に低コストで、ケーブル上での電流拡散や抵抗の存在が無い事が、直線に角が無い事と同様に自明で、断線の可能性も(折れない限り)無い。
またケーブルは'伝導性'とは別に、曲りやすい柔軟性の保持が必須だが、連結プラグではいらないので素材選択の自由度が高い事が関連する可能性も捨てきれない。

この辺から連結プラグの購入は、形のみ気にすればハズレが少ない(白や黒の◎が外れ易いのや、濁ったゆがみの混ざるモノ等品質差がある品も一部に聞くけど)。
足さばきやペダルの都合的には当然、基本的に品質と自由度の高いパッチケーブル、可能な箇所に限り接続プラグというのが現実的になるのは当然でしょうけどね。


   
↑Amazonへのリンク。
blog comments powered by Disqus